メンバー

伊藤響子

伊藤さん メンバー紹介中ページ
神戸生まれ広島育ち。高校卒業まで広島で育つ。遊ぶ時は思いっきり遊び、寝るときは寝る、と小さいころからメリハリつけた性格で健やかに育つ。小学生の時に友達に誘われバレーボール部に入部。全国大会優勝狙いの本格的なチーム、コーチとの出会いが人生に大きな影響を与える。家では長女という立場で弟の面倒や親の様子を伺う日々。自分の思っていることを表に出せるようになったのもバレーがきっかけだった。コーチは学校のクラスの担任でもあり、転勤族である父親よりも一緒に長くいる存在。「思っているのに言わない、できるのにやらないは卑怯!」と父親以上に父的存在であるコーチに厳しく愛情を持って育てらる。中学に上がってもバレーは続け、1年生ながらレギュラーを獲得。学年が上がってからはキャプテンに。キャプテンをやりたい子を差し押さえ、コーチからの指名。先輩同期からも妬みを買うこともしばしば。「伊藤は実力があるだけ。負けるな!」とコーチの後押しもあり3年間続ける、最後の大会では県でベスト4となる。個人においては県の選抜メンバーに選出されるほど打ち込むも、高校ではバレーから離れることに…するつもりだったがやっぱり純粋にバレーが大好きで続ける。振り返ると、高校時代はコミュニケーションの大反省期。優しすぎるキャプテンに、間違っていることは間違っている!と思っていることを伝えるのは良いが伝え方が下手なあまり、問題になることも。発信することで仲間との絆が深まることも経験。どうせやるなら失敗してでも、大きく行動。中学・高校通してやりきったことがあるから「なんとかなる!」と思えること、しんどい先には、後になって笑い話になること、大きく変化することを経験。大学では「絶対にサボらない、遅刻しない」を自分のルールと定め、やはりここでもバレーサークルに所属。「遊びでも勉強でも何でもやってみる」をモットーに、授業、遊び、バイト、基本的に中途半端はせずやり切る。この性格は幼少期より変わらず。就職活動では性格上事務ではないな…と感じ、営業や販売を中心に受けるもうまくいかず6月一旦リセット。その後、好きだったアパレルを何社か受ける中でPORT STYLEに出逢う。内定を1社持つなかで進んだ選考。進むにつれてこの会社で働きたい!という気持ちが増すが、内定を持っていることに気がゆるみ、インターン2日目、統括に「何しに来たのか分からない」とバッサリ切られる。あぁ、終わった…と思いながらもでも落ちるのは嫌だ…入りたいと思っていて、インターンが2日しかないことも分かっていたはずなのに、思っていても言わない、やらない自分に心底苛立つ。バレー部時代にコーチからもらった一つのメッセージ。「命を削っているならば、コートにいる12人の中で自然と響子を見るような選手になれ。」この言葉が脳裏に浮かんだ瞬間「出し切りたい!」と、リベンジのチャンスをもらい最終面談に。「今は行動に出るのが遅い私ですが、絶対変わるので待ってて欲しいです」と社長に直談判したことを今でも鮮明に覚えている。その時の約束は忘れず、今では先輩から”即行動の伊藤”として認識いただけるようになる。入社半年で店長、気づけば2年目で2店舗店長と人事も携わるように。「自分自身のために頑張るのは仕事として当たり前。人が集まり、全員が連携して頑張ってこそ会社。」役割が変わるにつれ、そう感じられるようになる。だからこそ、今の目標は「何かを創り出すこと」モノでも会社の仕組みでも、育成でも、カタチは問わず会社の基盤になるようなものを、生み出したい。やるからには、やりきる、そして諦めない。今日も現場でフル活動!