ブログ

「あなたと、アルバイトさんとの違いって?」

「あなたと、アルバイトさんとの違いって?」

こんにちは!
久々の更新となりました。
PORT STYLE人事担当の榎本です。
すっかり桜も散ってしま、GW目前となりました。
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

会社では日々面接ラッシュが続いており、
すでに3月に弊社でも内定1号が誕生いたしました。

この時期、いろんな学生の方をお話しするのですが
悩んでいらっしゃる方も多いので、
聞き手もどうしたものか、と考え込むこともよくあります。

アパレルの会社じゃない!と説明会でお伝えしている当社。
ただ、やはりアパレル志望の方や、イチヨンプラスをお客様として
知ってくださり選考に進んでくださる方もたくさんいらっしゃいます。

そこでよく聞く言葉がこちら

・アパレルで働きたい→服が好きで
・接客が好き→アルバイト経験を通して
・お客様の喜ぶ顔をみるのが好き→これもバイト経験を通してが多いですね

とても素敵なきっかけですね。
そこで続けて、入社後、どんな風にキャリアを積みたいですか?
と質問すると・・・

・自分を目当てにお越しくださるお客様を増やしたい
・店長になっていたい
・ずっと現場でお客様と接していたい

このように返してくださる方が多いです。
こちらも素敵な答えだと思います。
ただ、人事として一つの疑問にぶち当たるのです・・・

「この方とアルバイトパートナーの違いは何なんだろう。」

アルバイトパートナーの中にも接客が大好きで
店長代理まで任されていたり、準社員として店長を担っていたり、
当社には活躍いただくパートナーが非常にたくさんいらっしゃいます。

だからこそ、正社員で新入社員として採用する意味を
すごく考えるのです。
意地悪をしたいわけではありませんが、そんな時、

「今の志望動機、やりたいことを聞いたとき、
アルバイトパートナーと何が違うと思いますか?」

と考えるきっかけとなれば、と想いを込めて伺うことが多いです。
アルバイトパートナーが下、社員の方が偉い、
という的外れな価値観をお伝えしたい訳ではありません。

大事なことは、
「パートナーにはパートナーの役割が、
社員には社員の役割がそれぞれある」ということです。

サービス業がしたい、販売がしたい、
仕事内容よりもこんな人たちと一緒に仕事がしたい!
色んな想いがあると思いますが、
自分が「社員として入社する意味」について考えると、
これまでの志望動機よりももっと根拠や説得力のある面接に変わると思います。

そんな変化に繋がればと思い、
普段面接をしていて感じることを綴らせていただきました。

特に当社のように、今まさに一気に拡大成長している企業では
現場での販売接客だけではなく、
一人ひとりが当事者意識を持ってブランド創りや会社・組織創りにも
携わっていただくこともできます。
全国30店舗に拡大し色んな課題も出てきました。
そんな課題に、知らん顔をするのではなく、
年齢に関係なくチームでどのように解決していくか、瞬時に話し合い、
行動を起こし日々改善していく。
これが私たちの日常風景です。

こんな会社に社員として入社する意味、を考えると
きっと販売がしたい、という気持ち以外にも見えてくるものがあるはず!

PORT STYLEの10年後、20年後をともに創造してくれる
そんな方と一緒にお仕事がしたい。
と思いながら今日もたくさんの方にお会いさせていただきます。

無名のPORT STYLEを知ってくださった皆様に感謝。
今日もえんじょい!